グローバル展開で成功するコツ

日本では少子高齢化が進んでいるために、国内の市場だけで活動をしていると業績の拡大が望めない状況が生まれてきます。しかし、目を世界に転じると新興国をはじめとして巨大な市場が広がっていることに気づきます。したがって、グローバル展開を行えば、今後も企業成長を果たすことが可能となってきます。グローバル展開では、日本と同様の商品やサービスをそのまま提供したのでは成功はおぼつかないことが多いです。グローバル展開で成功をするコツとしては、それぞれの現地に合ったニーズを汲み取って商品やサービスに活かすことが挙げられます。海外の国では、その地域の生活習慣や収入環境によってニーズが大きく異なってくることになります。そのため、まずは現地の人々の声を聞くマーケティングが必要となってきます。マーケティングによって現地のニーズを掴んでおけば、既存の商品やサービスをどの方向に改良していけば良いのかが分かってきます。例えば、新興国などの低所得者が多い地域では、高機能の商品よりも機能を抑えた低価格品が好まれることがあります。生活用品であれば、10枚などの単位で売っていたものを3枚などの小分けにして販売することで現地の人の支持を集めることが可能になる場合が出てきます。また、グローバル展開では、すべての人材が同じ目的のために働くようにする方向性を示すことが重要です。そのためには、企業の理念をまとめた手帳などを社員全員に配って、目的意識をはっきりとさせておくことが大事となります。

グローバル展開における経営課題 

“企業がグローバル展開を図る場合にメリットとデメリットが各々存在します。
まず、グローバル市場として経営戦略を立てる場合、予めデメリットについてしっかりとしたリサーチが必要となります。
とくに、海外展開を目論む場合、現地人材の確保、拠点確保、品質管理、コンプライアンス対応、資金確保などです。
これらの課題を押さえておき、しっかりと計画を練った後に、対策を講じて事業を軌道に乗せる必要があります。
今後、日本は本格的な少子高齢化を迎え、人口の減少の傾向が見られる中で、生き残りを図るために、国内需要の減少対策として中小企業において、成長が著しいアジアの海外での需要を取り込むため、海外へのグローバル展開が拡大する傾向が伺えます。
製造業などが海外の生産拠点を構える目論見として、人件費や原材料費のコストを抑えるということがあり、また、生産性を上げる目的と収益拡大などの目的としてあります。
生産の拠点が多くなれば、売り上げのボトムアップとなることがあり、企業規模の拡大にもつながります。
ただ、経営が順当であれば収益も上がり企業規模の拡大となる要素があるにしても、万が一事業に失敗すれば拡大したことに伴う固定費が経営を大きく圧迫するということがあり、リスクともなるのです。
グローバル展開を考える場合、医療と同様で副作用の情報をしっかりと押さえておかなければ主作用を高めることが出来ないということがあるように、リスク情報を押さえて収益を高めるようにしなければいけません。

グローバル展開の仕組み

“ビジネスをグローバルに展開しようとすれば、当然に、国や文化の違い、その壁というものを超えて行かなければなりません。

このことが「ボーダーレス」ということで、ビジネスのグローバル展開とは、すなわち、このボーダーレスなビジネスを行ってゆくことを意味するために、それまで国内だけでビジネスを行って来た企業が、ビジネスのグローバル展開を行ってゆくためには、従来の国内ビジネスとは異なる仕組みを、新たに創って行かなければならないのです。

例えば、商品の仕入の仕組みや、その仕入代金の決済の仕組み、また、運転資金を調達するための金融システムの違いなどなど、国が違えば、その商習慣や社会システムの違い、またビジネスに関連する法律の違いなど、国内でのビジネスとは異なる、様々な違いというものに直面することになりますし、それが思わぬ障壁となって、事業展開がうまく行かずに、最悪の場合には大赤字となってその国から撤退せざるを得なくなる、ということになってしまう場合すらあるのです。

このように、国情が全く異なっている他国でビジネスを行うグローバル展開となれば、その国の様々な国情に合わせた体制を設けた上で、そこでビジネス展開を行って、そこに投じた投資に見合った分の収益を上げて行けるものにしなければならないのです。

さらには、社会習慣の違いから来るお客との対応、特に小売業である場合には、その接客のあり方にも大きな変更を求められる場合もある、ということも認識していなければなりません。